彼氏には絶対教えたくない、男性向けオススメ恋愛本3選を紹介する

わたしが恋愛本にハマったきっかけは長く付き合った彼氏との別れでした。

ある日、彼氏と別れたわたしは思ったのです。

 

「モテたい」と・・・・。

 

しかし東京の男の人はみんなものすごい恋愛テクで巧みに騙そうとしてくるのではないか・・・と怯えていました(自意識過剰)。

ということで「よし、男性向け恋愛本を読んで自衛に努めよう」と男性向けの恋愛本を読み漁る中で見つけた、本当にオススメの男性向け恋愛本を紹介していこうと思います。

こんな人にオススメ!

  • 恋愛本を読んでみたいけど無駄なお金は使いたくない
  • 見た目は悪くないハズなのに、なぜかモテない
  • 女子目線で「的を得ている」と思える恋愛本が知りたい
  • 恋愛初心者でどんな本を読んでいいかわからない

 

女性が正直オススメしたくない、男性向け恋愛本4選

1.僕は愛を証明しようと思う

 

▼こんな人にオススメ
  • お金はそこそこあるけどモテない
  • 解説本は退屈なのでストーリー性が欲しい

 

▼あらすじ
渡辺正樹、27歳、弁理士。誠実でまじめなことが取り柄だが、恋愛ではいつも失敗ばかり。そんな僕が、ひょんなことから「恋愛工学」のマスターに出会う。そして、真実の愛を探す冒険に旅立った。
「恋愛工学を知れば知るほど、そして、実際にたくさんの女の行動を目の当たりにすればするほど、世間に広まっている恋愛に関する常識は、すべて根本的に間違っていることを確信した。恋愛ドラマやJ-POPの歌詞、それに女の恋愛コラムニストがご親切にも、こうしたら女の子にモテますよ、と僕たちに教えてくれることの反対をするのが大体において正しかった。」(本文より)

引用元:http://www.gentosha.co.jp/book/b8895.html

▼ちはるのひとこと

出版は2015年ですが、最近漫画化&ドラマ化もされたことで再び注目を浴びています。

 

主人公がそもそもそこそこお金持ちだし、THE・港区ストーリーといった感じで若干現実味がないように感じましたが紹介されているテクニックは圧巻の一言。

 

わたしは本を読むときは必ずその世界に没入してしまうのですが、「自分が実際にこのテクニックを使われたら」「このセリフをこのタイミングで言われたら・・・」と考えながら読んでいました。そして「あ、こりゃ・・・落ちるな」と冷静に思いましたまじで。

 

間違いなく彼氏に絶対に勧めたくない恋愛本No.1です。ぶっちぎりで教えたくない。

 

2.LOVE理論

 

「夢を叶えるゾウ」で有名な水野敬也さん著の恋愛本です。

▼こんな人にオススメ

  • サクッと読みたい
  • 笑いながら読みたい
  • モテる男の「マインド」が知りたい

 

▼あらすじ

女性からも「使える! 」と絶賛された、男のための恋愛マニュアル。

「義務教育に、恋愛を!」をモットーに、恋愛に悩める老若男女を正しい恋愛へと導く熱血体育教師・水野愛也が独自に展開する恋愛理論、それが「LOVE理論」。

女性が本当に求めている優しさを解説した「うわっつらKINDNESS理論」、出会いを増やすために知っておかなくてはならない「日本代表理論」、そして、女性の心と体の秘密を書いた「DK(ディープキス)心変わり理論」などなど、恋愛のあらゆる場面で使える理論が満載。

「笑える」のに「実際使える!」恋愛のノウハウを説いた実用書にも関わらず、最後には感動もあり、女性からも支持・絶賛されている。「恋愛マニュアル」の新たな可能性をお見せできると思います。

引用元:https://www.mizunokeiya.com/works/love2.html

▼ちはるのひとこと

作者の水野さん自身、ひどい恋愛コンプレックスに悩み続けて大学時代にはとんでもない量の恋愛本を読み漁っていたそうです。

その集大成とも言えそうなこの本、正直いってめちゃくちゃ面白い。InterestingかつFunnyみたいな。体育会系教師に扮した水野さんが男共に語りかける口調がなんとも言えない。

この本で1つ「なるほどな」と強く印象に残っていることがあるのでサクッと紹介します。

 

それは「うわっつらKINDNESS理論」です。

簡単に説明すると、女性がキュンとしてしまうような男性の優しさって大抵うわっつらのものに過ぎないということ。

 

  • 座るときに椅子を引いてくれた
  • 車に乗るときにドアを開けてまっていてくれた
  • 昇りエスカレーターでは下に回ってくれる

 

などなど、本当に優しい心がなくてもできてしまうような上っ面の優しさばかり。

しかし、悔しいけどこれができる男がモテるんだっちゅー話です。

これができなくても話が面白い男性はモテるけど、見た目にも話の面白さにも自信のない男性は一読の価値ありだと思います。

 

3.恋が生まれるご飯のために

 

作家でブロガーのはあちゅうさん著の一冊。

▼こんな人にオススメ

  • 女子がデートの時に何を考えているのか知りたい
  • 女の子が本当に喜ぶデートが知りたい

 

▼あらすじ

大人のデートとは、ほぼご飯を食べること。恋愛に発展するカギは食の相性にかかっている。とはいえグルメがいいわけではない。相手とともに場を作り上げる姿勢が大事なのだ。デートの行方を決定づけるオーダーの仕方。ご馳走様の回数。かわいくおごられる方法。体の関係を持つタイミング……。恋を生み、はぐくむための食事デートの新バイブル。

引用元:http://www.gentosha.co.jp/book/b11451.html

▼ちはるのひとこと

女性が書いた本と侮ることなかれ・・・!慶応ガールで元・電通のイケイケ女子はあちゅうさんのことですから、相当数の男性と食事をする機会があったハズ。

ご飯を一度も食べないデートをすることってほとんどないですよね?

大人になるとデート=ご飯なことが多いこと多いこと・・・!

そのご飯デートの中で実際にキュンとしたことや印象に残ったこと、男性に気をつけてほしいことなどが書いてあります。個人的には本の中にちょくちょく登場するめっちゃモテる男の先輩のセリフがツボですw

例:ホテルに誘う時

「ぜったい何かするから!ぜったい何かするからホテル行こう!!」

 

冗談っぽい誘われ方だと断るのも気まずくないし場も和みますよね。

 

ご飯デートを制したいあなたにオススメの一冊です。

 


以上、オススメ本3冊でした!「コレは・・・!」と思うものがあったらガンガン追記していきます_(:3 」?)_

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

レアな「高専」卒女子。過去6年間ほど、周りの男女比9:1な生活を送った結果女子力が0に。男友達に「中の下」と言われたことで一念発起。いっぱしのレディになるためにひもの奮闘記として当ブログ≪ちゃりろぐ≫を運営しております。 ■詳しいプロフィールはコチラ