【DMM英会話】初心者オススメ教材「Side by Side」のレビュー

こんにちは!かってにDMM英会話宣教師を名乗っているちはるです。

今日は、DMM英会話でレッスンに使える初心者向け教材「Side by Side」のレビュー記事を書いていきます!

どんな教材なのか気になる方はぜひ読んでみてください!

 

Side by SideはDMM英会話オリジナル教材ではありません

「Side by Side」は世界的中で使われている、英会話入門テキストであり、DMM英会話オリジナル教材ではありません。

そのため、著作権上レッスン中にしか教材を閲覧することができないのです。

Side by Sideを使ってみたいけど使うまで中身が分からないから使いづらいなあ・・・

というあなたのために、Side by Side をレビューしていこうと思います。

▼DMM英会話HPでの紹介文

英会話入門レベルの方にお薦めの、世界的大ベストセラーのコースブックです。会話、リーディング、ライティング、リスニング演習を通して総合的に英語の4技能をバランスよく習得できます。カラフルなイラストも満載で、楽しみながら英語力をアップしていける構成になっています。

 

イラストがたくさん!カラフルで可愛い

まず「パッと」見て思ったことはイラストがめちゃくちゃ多い!ということ。

これなら小さなお子さんでも、文字だけ見ていると眠くなってしまう方でも安心だと思います。

1ページの3分の2くらいはイラストなイメージ。

カラフルなので視覚的に飽きが来ず、最後まで楽しんでレッスンを受けられそうです。

1レッスンにつき新単語が10〜20個

単語は意外とボリューミーでした。

私が今回チョイスしたレッスンでは新単語が15個も出てきました。

これだけの単語数を1度のレッスンで覚えるのは正直大変そうだなーといった印象です。

しっかりレッスン前に復習しておくといいかもしれないですね。

 

会話文の例(正に英語の教科書)

中学生の頃の英語の教科書のような、「ストーリーに沿った会話文(短文〜長文の間くらいのボリューム)」で新しい表現を学べます。

わたしが今回選んだのは「現在形」についてのレッスンだったので、

 

  • 単数形や複数形が主語となる場合(IやWe、Youなど)
  • 3人称単数が主語となる場合(SheやHeなど)

 

の2つのパターンで例文が用意されていました!

 

習った表現を使う練習

上記の会話文の中で出てきた新しい表現を、実際に生徒が使いこなすような練習問題もあります。

今回は「インタビューをしてみる」という内容で、様々な国の老若男女のイラストが書いてあるのでその人たちに質問をする練習をしました!

 

同じ単元を覚えるまで繰り返すのがオススメ

 

以上、DMM英会話で使える出版社教材「Side by Side」の紹介でした!

意外とボリュームがあるので一度で覚えるのが難しいな、という場合は先生を変えてもう一度同じレッスンを受けてみることをオススメします。

先生が変わればレッスンの進み方が違って面白いかもしれません。

以上、最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です